ExciteホームExcite Music Gearトップサイトマップ

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最近のお気に入り
 スタッフ最新視聴リスト(Last.FM)
ブログトップ
<   2006年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧
ビートルズ最新作 『LOVE』
いよいよ、話題のビートルズの最新作『LOVE』が
明日、20日(月)に発売となりますね。
詳しくはこちら

「5人目のビートル」と呼ばれるジョージ・マーティンと
その息子ジャイルズ・マーティンの2人がプロデュースしたアルバムです。
元々は、シルク・ド・ソレイユとコラボレーションで、ラスベガスのショー公演用に作られました。ビートルズの曲をトラックごとに解体して組み合わせている『LOVE』
面白そうなサウンドになっているようです。楽しみです!!

でも、そのショーも気になります。観てみたい!!
日本に来たらいいのになぁー。
[PR]
by gearcrew | 2006-11-19 23:37
オアシスのロゴが昔のロゴに!!
今日から、ギアのTOPに黒く君臨しているロゴ!
そう、オアシスのロゴが昔のロゴに。
小文字のロゴ。見慣れたロゴです。
しかし、このバナーのロゴ圧巻でしょ?!!自画自賛ですが。。
ギア・プロデューサーと話し合って
大きなロゴのバナーにしようと決めました。

今回の特集は11月15日にリリースされる、彼らのベストアルバムの紹介。
『ストップ・ザ・クロックス』
今までのアルバムを振り返りながら、
このベスト盤に収録されている曲を紹介しています。

でも、このベスト盤に
タイトル『ストップ・ザ・クロックス』と付けるのもオアシス流ですよね。
普通は、ベスト・オブ・オアシス とか、 
グレート・ヒッツ とかが多いですから。。。
(う〜ん、彼らには‥似合わないですね)

そう言えば、
エキサイトの中にあるデストロイというパンクのサイトに
カメラマンのデニス・モリスを紹介しています。
彼は、ボブ・マリーやピストルズ、ストーン・ローゼスだけではなく、
このオアシスの日本初公演に
オフィシャル・カメラマンとして同行来日をしております。
近々、その頃の写真も公開されることでしょう!!
楽しみです!

オアシスの曲で好きな曲は?
[PR]
by gearcrew | 2006-11-14 15:38
リトル・マン・テイトのデイリー・テイター
ギアのサイトの中に
『リトル・マン・テイトのデイリー・テイター』というブログが誕生しています。
ご存知ですか?

先日も書きましたが、
UK発のニューカマーのバンドが
どんどん日本に上陸現象に、嬉しいやら、混乱するやら、
まあ、UKロック好きの私としては今年の豊作を喜んでおります。

話は戻しますが、リトル・マン・テイト
ギア・スタッフのおススメのバンドなのです。
意外や意外!
今回、ギア・プロデューサーがすごく張り切っているのです。
あら? 我がギア・プロデューサーは、
USA系のエモやヨーロッパ系のメタル等がお好きなハズ‥?!!
まあ、思い起こせばフライリーフも張り切っていたし‥。
アンダーオースに心を奪われていたし、
ラウドパークでは、子供のようにはしゃいでいたし‥。
テイスト・オブ・ケイオスでは、いつの間にか取材確保していたし‥。
彼の張り切るセンサーはどこで働くのか??
未だ謎です(笑)。

で、リトル・マン・テイト
最近、UKアーティストの取材でも何度か名前の出ているニューカマー・バンド。
デビュー・アルバムが12月20日にリリース。
ショーケース・ライブも間もなく。
ブログでその招待を募集したところ、驚きの応募数だったとか。。
うーん。ロックファンは常に新しい情報を逃さない!
このバンドの今後が楽しみです。
リトル・マン・テイトのブログ『デイリー・テイター』も乞うご期待!
[PR]
by gearcrew | 2006-11-09 12:00
ベスト盤の買い方
最近、ベスト盤がよくリリースされている。
ベスト盤の良さは、いっぺんにその流れが解るから重宝する。
私がベスト盤を買うとき‥。
今まで、興味はあったけどCDを持っていなかったアーティスト。
あるいは、そのバンドがどんなバンドかを知りたいとき。等々。
しかし、アルバムを全部持ってる場合は‥?

これまでにベスト盤を買ったアーティストは、
今より若い時に(そんなにCDが買えなかった)、
そして、だいたいが自分より前の世代のアーティストが多かった。
そう、いわゆる70年代とか・・

それが、ここにきて
オンタイム、あるいは90年代のアーティストが出してきた。
しかも、特典つきで。。中には新曲やDVDもついている。
好きなアーティストのCDは全部持っている。
買うべきか? どうするべきか‥。
[PR]
by gearcrew | 2006-11-06 11:58
2004年ニューカマー組のその後
最近の日本の洋楽ニューカマーの旅立ちは
夏フェス中心に回っているかのように思う。
夏フェスのタイミングでリリース。
あるいは、その前の春にショーケースライブ。
そして、夏フェスで来日。
沢山の取材。インストア・イベント etc
秋の単独、あるいは年明けの単独。
そして、また夏フェス。
(ここで、前年のニューカマーが再来日となる場合が多いと思う)

最近の取材で、ふと気がついたことがある。
再会での取材が多い。しかも、2004年組ニューカマー達。
思い起こせば、2004年の夏フェス。
エキサイト・ミュージックにて、洋楽アーティストの
特集を初めて組み取材したアーティスト達。

2004年夏フェス特集

その中でも、今年に入ってギアが誕生し(ギアのスタートは6月でした)その取材で
THE ORDINARY BOYS
MANDO DIAO
Bloc Party
NEGATIVE         
とのうれしい再会がありました。
しかも、全員覚えてくれてて、IDを頂く時も
「エキサイト・ミュージック」から+「エキサイト・ミュージック・ギア」と
言葉数が増えたにも関わらず、
『ギアってどういうサイト?』と聞かれ
「ロックなサイト!」と答えたとき
『ウォー、いいじゃん』と。(これにはすごく嬉しい!!)

それぞれ取材して思ったことは、話す内容がしっかりしてきたこと。
貫禄がついてること。成長が感じられるのです。(まあ、当たり前ですが‥)

2枚目のアルバムが出るかどうか? それがいい売り上げになるか?
ニューカマーの試練はどうやら2枚目にあるようです。
そこを頑張って乗り越え、多くの日本のファンの心をつかんだアーティスト。
これからも、再会が出来るように頑張って欲しいし、
ギアもどんどんいいバンドを紹介して、頑張らなくてはと思う今日この頃です。
[PR]
by gearcrew | 2006-11-03 11:39