ExciteホームExcite Music Gearトップサイトマップ

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最近のお気に入り
 スタッフ最新視聴リスト(Last.FM)
ブログトップ
<   2007年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧
ギアのクリスマスはザ・クーパー・テンプル・クロースです。
みなさんこんにちは。
今日はクリスマス・イブですね。
みなさんは今年のクリスマスは何をどこで誰と過ごされていますか?
私は終日お仕事のため、しかもLIveの現場とあって
仲間とカーネルおじさんの手作り?チキンと過ごすと思います。

今年も色々なことがありました。
もちろんギアにとって色々な出会いがあり、別れもありました。
ギアからのクリスマスプレゼントとして
ギア・P&D サンタからある特集ページがアップされます。

a0092200_8574748.jpg


そうなのです!
クーパーファンのみなさま、ギアファンのみなさまお待たせしました!
いよいよ、明日、ザ・クーパー・テンプル・クロース特集サイトがアップされます。
もちろん、このことはギアからのクリスマスプレゼントってことでメンバーにも伝えております。また、アップと同時にこのブログで色々と振り返りたいなぁ〜と思っています。みなさんにお伝えできることはすべてブログに書いていきますね。

そして、みなさまからのメッセージもお待ちしております。
みなさんとクリスマスはTCTCでTCTCの音楽を聴きながら、あるいはこのサイトをみていただいて、素敵な2007年のクリスマスを迎えましょう。
TCTCからの素敵なプレゼントもご用意しております!

明日をお楽しみに!!
[PR]
by gearcrew | 2007-12-24 08:59 | ギア・D
レッド・ツェッペリン再結成ライヴレポート到着!!
世界が注目したレッド・ツェッペリン再結成!
骨折というアクシデントで日程が延期になったりと、ハラハラ、ドキドキだったが、念願の再結成ライブが12月10日に行われました。

レッド・ツェッペリン再結成ライヴを幸運にも目撃できましたワーナー・ミュージック・ジャパンの担当者より、ライブレポートが到着!!(セットリストもあるよ)

今すぐチェック!!
ワーナーミュージックライフ/スタッフ・ブログは
こちら → http://blog.wmg.jp/wmlife/

トラックバック:http://blog.wmg.jp/wmlife/archives/2007/12/11200312.html#trackbacks)
[PR]
by gearcrew | 2007-12-14 10:06 | レコード会社発!!
ケミカル・ブラザーズのレア・トラック集発売!
a0092200_9564497.jpg

■ケミカル・ブラザーズのレア・トラック集発売!iTunes Store限定配信!

ダンス・ミュージックシーンのカリスマ、UK出身の二人組ケミカル・ブラザーズのレア・トラックを集めたアルバム『B-SIDES Vol.1』が発売!シングルB面楽曲他、隠れた名曲の数々10曲を集めたアルバムは iTunes Music Storeだけでの限定配信。ケミカル・ブラザーズの新たな一面に触れる事ができる最高の一枚。(CDのリリース予定はございません。)Vol.2も近日発売になるのでは?と早くもファンの間で話題となっている。

さらに!レア・トラック集とタイミングを同じくして、ケミカルの歴史を辿るビデオ・クリップ映像集『VIDEOS Vol.1』もデジタル配信として初登場。「STAR GUITAR」、「SETTING SUN」、「LETFOREVER BE」、「HEY BOY HEY GIRL」など、ミシェル・ゴンドリーや、スパイク・ジョーンズなどの名監督が手がけた映像作品が8曲収録されて1,500円と大変お買い得な商品!

コア・ファンの方から、初めてケミカルを知る方、みんなが楽しめる商品が
PCデジタル配信として一挙2タイトル登場!さぁ今すぐダウンロード!

★B-SIDES Vol.1  1,500円 (単曲価格:150円)
*iTunes Store限定配信

1. Nude Night
2. Base 6
3. Clip Kiss
4. The Diamond Sky
5. H.I.A.
6. Let Me In Mate
7. Prescription Beats
8. Scale
9. Silver Drizzle
10. Snooprah

★VIDEOS Vol.1  1,500円 (単曲価格:300円)

1. Life Is Sweet
2. Setting Sun
3. Block Rockin' Beats
4. Elektrobank
5. Hey Boy Hey Girl
6. Let Forever Be
7. Out of Control
8. Star Guitar
[PR]
by gearcrew | 2007-12-14 09:58 | レコード会社発!!
スパイス・ガールズ 再結成ツアーがスタート!
最近、再結成の話題が多いですよね。
それだけ、そのバンド、グループの音楽が素晴らしいって証なんだと思います。
そんな中にあって、レコード会社さんから届いたニュース!
あのスパイス・ガールズが再結成し、ツアーをスタートしたとのこと。
残念ながら日本でのライブは見れませんが、彼女たちの音楽は今も健在ですよ。
時代は変わってもガールズのパワーは計り知れないですよね。
頑張れ女の子!頑張れ乙女!頑張れ淑女!
a0092200_10405458.jpg

今年6月に再結成宣言を行い、11月には初のベストアルバム『グレイテスト・ヒッツ』をリリースしたスパイス・ガールズ。その再結成ツアー「THE RETURN OF THE SPICE GIRLS」が、12月2日(日)カナダ・バンクーバー(@GM Place)でスタートした。5人が揃ってライブを行うのは、1998年4月のロンドン・ウェンブリーアリーナ公演以来9年ぶり。ツアーの初日に選ばれたバンクーバーはカナダの中でもとりわけ温暖な気候で、1年で1回から2回程度しか雪が降らない都市であるが、この日は朝から大雪。そんな悪天候にも関わらず、ショーがスタートするスタートする数時間前には再結成コンサートを待ちわびた多くのファン、特に10代の女の子が会場を取り囲んでいた。

ショーは45分遅れで20時15分にスタート。1曲目は「スパイス・アップ・ユア・ライフ」。次々と変化していくステージセットと5人の衣装、そしてブランクを全く感じさせないパフォーマンスは、詰め掛けた1万8千人の観客を圧倒!ベストアルバム『グレイテスト・ヒッツ』に収録された全てのUK No.1ヒットシングルや、新曲「永遠のヘッドライン」等20数曲を披露し、アンコールで披露されたデビュー曲「ワナビー」で観客の盛り上がりは最高潮に達した。

今回の再結成ツアーは全世界でチケット争奪戦がおきており、現在発売されているカナダ・アメリカの北米ツアー、また母国イギリスを含むヨーロッパツアーのチケットは全てSOLD OUTになるほどの過熱ぶり。特に彼女達の母国イギリスでは、発表されているロンドン16公演(@O2アリーナ)は即日ソールドアウトになっている。ツアー前日に行われた記者会見で日本について質問を受けると、「日本はどこよりも早く私たちのデビューアルバムがリリースされて、本当にたくさんの思い出があるわ。また日本に戻ることが出来たら嬉しいわ」と答えていた。この再結成ツアーは2月中旬まで続き、世界8ヶ国で50公演が予定されている。

EMIミュージック・ジャパン スパイス・ガールズ公式サイト
http://intl.jp/spice/ (PC・携帯)
[PR]
by gearcrew | 2007-12-12 10:54 | レコード会社発!!
おお。あのマイケルが復活!!
a0092200_1255321.jpg

マイケルがスリラー25周年という節目に音楽活動を本格的に再始動!
来年2/20 『スリラー』25周年記念盤発売する!

全世界で1億400万枚以上を売り上げたマイケル・ジャクソンの『スリラー』の25周年を記念して、『スリラー25周年記念盤』を2008年2月20日にリリース。そしてこのスリラー25周年という節目にマイケル・ジャクソンが音楽活動を本格的に再始動するなんて・・素敵!!!!
色々何かとお騒がせしたマイケルだけど、早くパフォーマーとして、ダンサーとして、ソングライターとして、音楽プロデューサーとして、ビジュアルプロデューサーとして活動する姿が見たいと思っていました。

その「25周年記念盤」は発売当時の収録曲に加え、未発表新曲5曲を含むボーナストラック8曲と、『スリラー』に収められている曲のショートフィルム(VIDEO CLIP)「スリラー」「今夜はビート・イット」「ビリー・ジーン」の他、エミー賞にノミネートされた「モータウン25周年記念スペシャル」(初めてムーン・ウォークを披露した)での「ビリー・ジーン」パフォーマンスを収録したDVDを追加。収録された5曲の新曲のうち4曲には、R&B/HIPHOP界のカレント・スーパースターが参加、もう1曲はこのアルバムのためにマイケルが完成させた完全未発表新曲となっているそうだ。

■関連サイト
http://www.sonymusic.co.jp/MJ
http://www.sonymusic.co.jp/Music/International/Arch/ES/MichaelJackson/
#新譜情報は追って掲載されます。

■リリース情報
【マイケル・ジャクソン 『スリラー』 25周年記念盤】
2008年2月20日(発売予定)

全世界累計1億400万枚超。人類史上最大のセールスを記録した歴史的アル
バムが、5曲もの新曲と、デジタル・リマスターされたショート・フィルムを
収録したDVDを加え、新たな興奮と共に蘇る!

マイケル・ジャクソン『スリラー 25周年記念LIMITED DELUX EDITION』
参加ゲスト : エイコン、カニエ・ウエスト、ウィル・アイ・アム
(『スリラー 25周年記念LIMITED EDITION』も同時発売)
[PR]
by gearcrew | 2007-12-07 13:01 | ギア・D
ジョン・レノン 27回目の命日なんだなぁ・・
12月になると、いつも思い出すことがあります。
ジョン・レノンの命日なんだぁーって。
あれから、もう27年経つんだなぁー。
当時は学生で、まだ子供だった私は本当の意味でのビートルズの偉大さも解らなかった。ただ、いい曲、いい音楽、いいアルバム、いいバンド。
いやー、ただただ「えっ?ビートルズを知らないの?」って言われたくなかったからかも?!!と、その当時の考えは今にして不明ですが、学校の教科書にも出ていたぐらい有名でしたね。(当たり前か・・)

さて、本題に戻すとして
そう考えているところに、レコード会社さんから以下のニュースが届いた。

_______________
毎年、行われているスーパーライブがもちろん今年も開催される。
7回目の開催を迎える今年は、昨年7月より喉頭がんの治療のため、正式なライヴ出演を休止していた忌野清志郎さんや ジョン・レノンのソロ活動でほとんどのレコーディングでベースを担当し、「イマジン」のオリジナル・レコーディングにも参加しているクラウス・フォアマン出演が発表され豪華出演アーティストが出揃っている。

忌野清志郎は、自らの音楽キャリアの原点であるRCサクセションの相棒、仲井戸麗市(g)とともにステージに登場、また、ドラムには、元メンバーの新井田耕造を迎え、日本ロック界の一時代を築いたRCサクセションを彷彿とさせるステージを繰り広げることとなる。今回の出演に向けて、「僕にとって再生、復活の第一歩です」と語り、自らの経験を引き合いに「夢を信じて生きて行こう。信じることも才能だよ!」とコメントした。また、クラウス・フォアマンが出演することで、オノ・ヨーコもステージに上がることから、「イマジン」のレコーディングのオリジナル・メンバーが二人集まることになる。

12月のジョン・レノンはそれだけではない。
11月28日、12月5日には、世界初となるジョン・レノン紙ジャケット・コレクションが完全生産限定盤で発売される。 発売されるのは「イマジン」、「マインド・ゲームス」、「ミルク・アンド・ハニー」など全10タイトル。 ライヴ・ピース・イン・トロント1969オリジナル・英国盤の初回盤についていた”ジョン&ヨーコ・カレンダーや”イマジンのオリジナル盤に付いていたポスター、ポストカードなど各タイトルの特典も忠実に再現されている。

また12月8日には、ジョンのアメリカでの戦いを描いたドキュメンタリー映画『PEACE BED アメリカvsジョン・レノン』の公開やジョンとヨーコの知られざる関係を綴った書籍『ジョンとヨーコの愛こそはすべて』の発売。

さらには、iTunesミュージックストアにて、ジョン・レノン スーパー・ライヴ特集ページがオープンされるなど、改めてジョンの存在の大きさとメッセージを再確認する年末となりそうだ!

今年も12月はジョン・レノンがとまらない!

ジョン・レノン音楽祭2007
『Dream Power ジョン・レノン スーパー・ライヴ』(第7回)
■ 公演日/2007年12月8日(土)
■ 開場17:00 開演18:00
■ 会場/日本武道館(東京・北の丸)
■ 入場券/全席指定8,500円(税込) 立ち見券8,000円(税込)
■ チケット発売/キョードー東京03-3498-9999
■ 参加アーティスト
オノ・ヨーコ、忌野清志郎with仲井戸麗市、奥田民生、木村カエラ、くるり、斉藤和義、THE SUNDAY DRIVERS【箭内道彦×渡辺健二(スネオヘアー)】、Chara、BONNIE PINK、吉井和哉、LOVE PSYCHEDELICO、トリビュート・バンド(押葉真吾、十川知司、土屋潔、名越由貴夫、古田たかし、和田春彦)、樹木希林、クラウス・フォアマン

(ミュージシャンは50音順)

◆ジョン・レノン公式サイト
http://st-co.jp/john/ (PC・携帯)

◆Sound Townサイト(EMI Music Japan)
http://st-co.jp/ (PC・携帯)
____________________

今年もいいライブになりそうですね。
私も行こうと思っています。
まだ体感したことが無い人は、一度足を運んでみて欲しいライブです。
[PR]
by gearcrew | 2007-12-04 10:28 | ギア・D