ExciteホームExcite Music Gearトップサイトマップ

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最近のお気に入り
 スタッフ最新視聴リスト(Last.FM)
ブログトップ
ジョン・レノン 27回目の命日なんだなぁ・・
12月になると、いつも思い出すことがあります。
ジョン・レノンの命日なんだぁーって。
あれから、もう27年経つんだなぁー。
当時は学生で、まだ子供だった私は本当の意味でのビートルズの偉大さも解らなかった。ただ、いい曲、いい音楽、いいアルバム、いいバンド。
いやー、ただただ「えっ?ビートルズを知らないの?」って言われたくなかったからかも?!!と、その当時の考えは今にして不明ですが、学校の教科書にも出ていたぐらい有名でしたね。(当たり前か・・)

さて、本題に戻すとして
そう考えているところに、レコード会社さんから以下のニュースが届いた。

_______________
毎年、行われているスーパーライブがもちろん今年も開催される。
7回目の開催を迎える今年は、昨年7月より喉頭がんの治療のため、正式なライヴ出演を休止していた忌野清志郎さんや ジョン・レノンのソロ活動でほとんどのレコーディングでベースを担当し、「イマジン」のオリジナル・レコーディングにも参加しているクラウス・フォアマン出演が発表され豪華出演アーティストが出揃っている。

忌野清志郎は、自らの音楽キャリアの原点であるRCサクセションの相棒、仲井戸麗市(g)とともにステージに登場、また、ドラムには、元メンバーの新井田耕造を迎え、日本ロック界の一時代を築いたRCサクセションを彷彿とさせるステージを繰り広げることとなる。今回の出演に向けて、「僕にとって再生、復活の第一歩です」と語り、自らの経験を引き合いに「夢を信じて生きて行こう。信じることも才能だよ!」とコメントした。また、クラウス・フォアマンが出演することで、オノ・ヨーコもステージに上がることから、「イマジン」のレコーディングのオリジナル・メンバーが二人集まることになる。

12月のジョン・レノンはそれだけではない。
11月28日、12月5日には、世界初となるジョン・レノン紙ジャケット・コレクションが完全生産限定盤で発売される。 発売されるのは「イマジン」、「マインド・ゲームス」、「ミルク・アンド・ハニー」など全10タイトル。 ライヴ・ピース・イン・トロント1969オリジナル・英国盤の初回盤についていた”ジョン&ヨーコ・カレンダーや”イマジンのオリジナル盤に付いていたポスター、ポストカードなど各タイトルの特典も忠実に再現されている。

また12月8日には、ジョンのアメリカでの戦いを描いたドキュメンタリー映画『PEACE BED アメリカvsジョン・レノン』の公開やジョンとヨーコの知られざる関係を綴った書籍『ジョンとヨーコの愛こそはすべて』の発売。

さらには、iTunesミュージックストアにて、ジョン・レノン スーパー・ライヴ特集ページがオープンされるなど、改めてジョンの存在の大きさとメッセージを再確認する年末となりそうだ!

今年も12月はジョン・レノンがとまらない!

ジョン・レノン音楽祭2007
『Dream Power ジョン・レノン スーパー・ライヴ』(第7回)
■ 公演日/2007年12月8日(土)
■ 開場17:00 開演18:00
■ 会場/日本武道館(東京・北の丸)
■ 入場券/全席指定8,500円(税込) 立ち見券8,000円(税込)
■ チケット発売/キョードー東京03-3498-9999
■ 参加アーティスト
オノ・ヨーコ、忌野清志郎with仲井戸麗市、奥田民生、木村カエラ、くるり、斉藤和義、THE SUNDAY DRIVERS【箭内道彦×渡辺健二(スネオヘアー)】、Chara、BONNIE PINK、吉井和哉、LOVE PSYCHEDELICO、トリビュート・バンド(押葉真吾、十川知司、土屋潔、名越由貴夫、古田たかし、和田春彦)、樹木希林、クラウス・フォアマン

(ミュージシャンは50音順)

◆ジョン・レノン公式サイト
http://st-co.jp/john/ (PC・携帯)

◆Sound Townサイト(EMI Music Japan)
http://st-co.jp/ (PC・携帯)
____________________

今年もいいライブになりそうですね。
私も行こうと思っています。
まだ体感したことが無い人は、一度足を運んでみて欲しいライブです。
[PR]
by gearcrew | 2007-12-04 10:28 | ギア・D